機械式時計の要!リューズの扱いには注意しよう

使用頻度が高いのに、注意して扱わないといけない

機械式時計において、リューズは最も重要な部品の一つです。自動巻きの機械式時計であっても、ゼンマイによって駆動していることは変わりなく、そこに十分な動力を与えるためにリューズは無くてはならないのです。手巻き式であれば、ほぼ毎日リューズには触ります。しかし、そのように使用頻度が高いにも関わらず、リューズに繋がっている心棒は大変細く、非常にデリケートです。強く押してしまうと簡単に曲がってしまうため、その扱いには細心の注意を払う必要があります。

リューズのしまい忘れには常に気をつけよう

リューズはゼンマイに動力を与えるといった機能以外にも、時計内部に水やほこりを浸入させないフタとしての役割もあります。そのため、ゼンマイを巻き終わったら、しっかりと起こしたリューズをしまうように心がけましょう。機械式時計の浸水の原因の大半は、このリューズのしまい忘れによるものです。機械式時計においては、決められた手順を正しく履行することも重要な手入れです。リューズ回りは特にトラブルが多いことを認識しておいて、日々の手入れに当たるようにしましょう。

リューズに関するトラブルのあれこれ

リューズにトラブルが生じた場合、いくつかの原因が考えられます。リューズが巻けなくなった場合は、汚れや錆び、グリーズの枯渇などが原因として考えられます。また空回りする際などはリューズが破損している可能性が高いため、早急にメンテナンスに出して部品を交換しなければなりません。また、ねじ込みロック式のリューズがしまえない場合は、リューズチューブのネジ山が破損している可能性が高いため、この場合もメンテナンスで手入れしてもらう必要があります。

パテックフィリップの時計は、どんなに古くても修理できるという「永久修理」が謳われています。そのことにより「一生ものの時計」というイメージが構築されています。